資格があれば採用してくれる施設や会社も多いヘルパー

介護紹介の定番の仕事としておなじみになっている仕事がヘルパーの仕事です。それは、ヘルパーとして従事するために必要な資格が一つあれば誰でもなることが可能で、ヘルパーを採用している会社や施設も少子高齢化等の影響も強く多くなっています。高齢者の為に働きたいという方や、介護業界で取りあえず働いて見たいのなら、そんなヘルパーの仕事が良いでしょう。また、ヘルパーの仕事は、お給料や待遇の面でメリットも多いです。

基本は家事手伝いをするだけでお給料がもらえる!?

そしてヘルパーの仕事は、高齢者の介護の他に日常生活のサポート等を行います。その内容には、料理を作ったり掃除をしたりと言った家事も多く、家事が得意な方には非常に楽な仕事となってきます。また、訪問ヘルパーなどの場合は、それほど要介護度が高い方も少なく、ヘビーワークになることも無いのがその魅力です。家事が高齢者のお話し相手になるのがうまい、主婦の方などが、そのようなバイトをしているケースが良くあります。

ヘルパーから、ステップアップしていくことも可能

さらに、ヘルパーの仕事をして、介護の経験を身に付けておくと、それは将来的に他の介護施設などに就職をするときにも役立ってきます。特に介護業界では経験者が求められることが多く、実際に介護や介助経験のある方は、面接や選考の時に優遇されるケースもあります。また、バイトをして経験を身に付けておけば、正社員として働くようになった時に、そこでの経験を活かせます。介護のバイトは以上のように魅力やメリットがあるのでオススメです。

介護福祉士・ホームヘルパー二級といった資格を所有していれば未経験であっても介護に就職しやすくなります。